栗の渋皮煮

先日の栗の渋皮煮、会社に持って行きまして好評でした♪
お世辞かもと思ったけど、レシピを教えてほしいといわれたので、まとめてみました。
いろんな人のレシピを参考にしています。
マロングラッセレシピの煮る時間を短くしたものです。

栗の渋皮煮
<材料>
栗1kg(なるべく大きいもの)
砂糖500g
重曹小さじ4
ブランデーorラムダーク   お好みで

<作り方>
1.栗を洗って鍋に入れ、たっぷりの水で20分くらい茹でる。(必ず水から茹でる)
2.包丁で鬼皮だけをむく。渋皮に傷をつけてしまうと煮ている間に栗が割れます。(栗の座(そこ)の部分によく切れる包丁をいれて. 下から上に向かってむきます。渋皮に傷がつかないように気をつけて)
3.皮がむけたら、たっぷりの水に一晩浸す。翌日、浸けた水を捨て、つま楊枝などで柔らかくなった筋を綺麗に取る。
4.深めの鍋に栗を入れ、浸るくらいの水と重曹の半分を入れて弱火にかける。煮ている途中、あくが出るので丁寧に取り除く。
5.煮汁が濃い茶色になったら、煮汁を全部捨て、新しい水に入れ替える。慎重に!2回目に煮るときは重曹は入れず、3回目に残りを入れる。4回目以降は何も入れない。
6.15分~30分煮ては水を入れ替える作業を5回くらい繰り返す。
7.流水で綺麗に洗う。渋皮のかたい筋の部分を爪楊枝などでそっと取り除く。大きい栗には冠動脈みたいなものが1本あるのでそれを取り除く。渋皮の表面に付いている毛がモソモソしていたら指の腹で優しくこすって取り除く。
8.今まで使った鍋を一旦綺麗に洗う。その鍋に栗を入れ、浸るくらいの水を入れる。砂糖の半量を加え、弱火にかける。
9.沸騰してきたらアルミホイルで落としぶたをし、弱火でことこと煮始める。残りの砂糖は45分くらい煮たところで加える。合計で1時間半~2時間程度煮る。
10.火を止めブランデー(ラムダークなどでもOK)を全体に散らし入れ、鍋をゆっくり揺すって全体にまわす。
11.そのまま冷やす。一晩おいておくと味がしみる。

実は昨日、大きな栗を頂きました。
とりあえず冷凍しましたが、先日作った渋皮煮がなくなりそうになったらまた作る予定にしています。
[PR]
by giosueko | 2007-10-19 21:57 | お料理


高松での日々あれこれ


by giosueko

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
お料理
お菓子
パン
高松食
高松
ひとりごと
お散歩
お買い物
京都食
京都
ちくちく
あみあみ
消しゴムはんこ
お遍路
妊娠・出産
子育て♪♪
未分類

以前の記事

2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
more...

フォロー中のブログ

きょうのきょうと 11年...
ながぐつ日記
しあわせ弁当箱♪
本日は手仕事日和なり♪
atelier-m

リンク

ライフログ


“毎日のように焼き続けてやっと見つけだした”ぜったいおいしく作れる焼き菓子レシピ―超人気お菓子サイトたかこ@caramel milk teaさんの


“何度でも食べたい、ずっと作り続けたい”まいにちの焼き菓子と特別な日のケーキ―超人気お菓子サイトたかこ@caramel milk teaさんの


大人のクチュールワンピース・スモックブラウス


消しゴムはんこ。


北イタリアの食卓 うちの食卓 Non solo italiano


おかずとご飯の本

検索

タグ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧